活性酸素と抗酸化作用について

体内に蓄積されると様々な悪影響を及ぼすという活性酸素。過剰に生成されると、細胞にダメージを与えてしまいますが、元々は外部からの細菌やウイルスの殺菌に活躍する成分です。活性酸素が増えすぎた場合に除去するものが、サプリメントなどでよく知られている抗酸化作用なのです。20歳頃が、抗酸化作用をもたらすスカベンジャーの生成のピークだと言われているようです。20歳以降は、どんどん生成量が失われていってしまうようです。40代ではピークの半分になり、活性酸素がもたらす老化作用から体を守れなくなり、サプリメントの重要性が増してくるのです。現代人は不規則な生活や過度のストレスにより、以前よりずっと活性酸素が増えやすい状況下に身を置いています。そういうわけで、体内の抗酸化力を、抗酸化サプリメントを利用するなどして、向上させることが必要になってくるのです。大きく分けると活性酸素は、4つに分類できます。スーパーオキシドアニオン、ヒドロキシラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4つに分類されます。抗酸化成分としてビタミンCやEが知られていますが、全てのものに対応することはできず、それぞれの栄養素が消すことのできる活性酸素の種類は決まっているようです。サプリメントを摂取する時は、抗酸化作用のある成分を総合的に摂取しないと不十分になるのはそのためなのです。大切なのは、抗酸化のサプリメントを利用する時は、成分を確認してから購入するということです。http://www.gaopeite.com/